桜の枝と生命力

S先生の備忘録

桜の枝を室内鑑賞用に飾っている。
活き活きとした緑葉が芽吹き
素晴らしい生命力を感じる。

桜の花はすぐに散るゆえに儚いと云われるが
本質は不動である。
長く時間を共にできそうで嬉しい

物事の本質は体感しなければわからない。

この時期はなにかと乱れやすい。

心の波長を乱すと精神の波長が乱れ精神の波長を乱すと魂の波長が乱れる

魂の波長を乱したなら人生の流れを乱すこととなり
天運から離れていく。

一つ乱せば全てが乱れるが
一つ整えれば全てが整う。

すべての根底はつながっており循環し続けている。

S先生

506 views

M&Aや企業カウンセラーを経て、現在は、投資家顧問業、企業顧問、活動家となる。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。